スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月23日

東京電力は原発悪材料出尽くし?株価下げ止まりの様相

 東京電力<9501>(東1)は3200円台前半で、大引けにかけて下げ止まりの様相を呈してきた。16日に起きた新潟県中越沖地震による、柏崎刈羽原発の放射能物質漏洩・原子炉停止問題で続落。4000円ラインから3000円台前半まで下げていた。
 22日には日経新聞が「約2000億円のコスト増」との観測記事を掲載。また、きょうは経済産業省 原子力安全・保安院が、同原発に、国際原子力機関(IAEA)からの調査団を受け入れると明らかにした。
 悪材料出尽くしか。「腐っても東電」のブランド力か。株式投資業界には、「その会社がどんな事業をやっていようが関係ない。上がる株が良い株だ」との認識が一部あるのは事実だが、原発の安全性検証がウヤムヤのまま、同社株価は下げ止まろうとしているようだ。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:58 | 株式投資ニュース