株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月20日

東京エレクやアドバンテストが大きく出直る、米利上げ幅大きいほど次の利上げ中断・順延に向け環境整うとの見方

■金利上昇とともに反比例的に売られてきた流れに変化の期待が

 東京エレクトロン<8035>(東証プライム)は7月20日、大きく出直って始まり、取引開始後は6%高に迫る4万5480円(2480円高)まで上げ、取引時間中としては6月30日以来の4万5000円台を回復している。NY株式市場でのダウ大幅反発、半導体株指数SOXの大幅続伸に加え、その要因として、米国で26、27日に予定されるFOMC(金融政策決定会合)での利上げを巡る受け止め方に変化が出てきたとの見方が出ている。これらグロース株は、米国が年間7回程度の利上げを行うとの観測が出て以降、金利上昇とともに反比例的に売られてきていた。

 アドバンテスト<6857>(東証プライム)は6%高を超える7680円(460円高)まで上げ、6月29日以来の7500円台を回復。レーザーテック<6920>(東証プライム)も6%高に迫る1万8430円(1010円高)まで上げている。

 米国で26、27日に予定されるFOMC(金融政策決定会合)では、一部で利上げ幅が通例の0.25%の4倍の1.0%幅になるとの観測が伝えられたが、直近は0.75%幅にとどまるとの予想が優勢のもようだ。利上げ幅が大きいほど景気への影響も大きくなるため、26、27日に決定される利上げ幅が大きいほど、9月以降のFOMCでは利上げ中断・順延などの可能性が高まるとの見方が出ているようだ。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 今日のマーケット