株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月20日

【注目銘柄】バイク王は続落も業績再上方修正・最高純益更新を手掛かりに下げ過ぎ修正買い交錯

 バイク王&カンパニー<3377>(東証スタンダード)は、6営業日続落している。同社は、今年6月29日に今2022年11月期業績の2回目の上方修正を発表し、連続の過去最高純利益を伸ばしたが、市場コンセンサスに未達と評価しているが、買い直される場面もあり、売られ過ぎ修正の打診買いが交錯している。新型コロナウイルス感染症の全国の新規感染者数が、7月16日に11万675人と今年2月のピークの10万4169人を上回り過去最高となり、その後も高止まりしていることも、「三密」回避の交通手段として二輪車需要につながるとする「ウイズ・コロナ」関連株人気の高まりを期待させている。

■WEB広告・新規出店効果で中古バイクの販売台数、売上単価とも好調推移

 同社の今11月期業績は、今年3月に上方修正されたが、その増額値をさらに上方修正した。3月増額値より売り上げを14億5700万円、営業利益を200万円、経常利益を2600万円、純利益を800万円それぞれ引き上げたもので、売り上げ300億5700万円(前期比13.1%増)、営業利益17億7200万円(同13.7%増)、経常利益23億3600万円(同32.0%増)、純利益16億1800万円(同32.3%増)と見込み、純利益は、前期の過去最高を連続更新する。

 国内トップ・シェア(21.4%)の中古バイクの買取利用率を一段と拡大するために、今期第2四半期に2店舗を新規出店するとともに、2店舗を移転・増床し、高市場価格車両台数の最大化を目的にWEB広告を強化、販売台数、売上単価とも好調に推移したことが寄与した。同社は、今期から2024年11月期を最終年度とする中期経営計画を策定・推進しており、2024年11月期の目標業績を売り上げ350億円、経常利益25億円としているが、今回の今期業績の上方修正で早期達成の可能性も強まってきた。

■PERは9倍、25日線から12%のマイナスかい離と売られ過ぎ歴然

 株価は、新型コロナウイルス感染症の「第6波」のなか「三密」回避のバイク人気に今期業績の1回目の上方修正が続きストップ高を交えて年初来高値1480円まで5割高したが、今回の業績再上方修正では、予想業績が市場コンセンサスを下回るとして1026円まで売られ、ほぼ往って来いとなった。ファンダメンタルズ的にPERは9.01倍、テクニカル的にも25日移動平均線から12.19%のマイナスかい離と売られ過ぎを示唆しており、「ウイズ・コロナ」株人気の再燃も加わり、年初来高値奪回に再チャレンジしよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:43 | 注目銘柄