株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月22日

【株式市場】日経平均は111円高で7日続伸、後場は不動産株など一段と強い

◆日経平均は2万7914円66銭(111円66銭高)、TOPIXは1955.97ポイント(5.38ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は9億9386万株

 7月22日(金)後場の東京株式市場は、三井不<8801>(東証プライム)などの不動産大手が一段と強含んで次第高となり、エイチ・アイ・エス<9603>(東証プライム)の「ハウステンボス」売却観測を契機に海外資本が円安で日本を2割安く買える状態になっているといった見方で注目再燃。ソニーG<6758>(東証プライム)も一段と上げ、欧州の利上げにより対ユーロでの円安効果期待など言われて出直り拡大。前場上げた海運大手は高値圏で推移。日経平均は92円高で始まり、一段ジリ高傾向のまま14時に149円25銭高(2万7952円25銭)まで上げ、大引けは7日続伸となった。

 後場は、トレジャー・ファクトリー<3093>(東証プライム)が中古エアコンだけでなく中古おもちゃも好調と伝えられ一段ジリ高。サーバーワークス<4434>(東証プライム)は四半期決算の再評価やマイクロソフト「チームズ(Teams)」障害発生による代替需要への期待など言われて一段と上げ一時ストップ高。クラウディアHD<3607>(東証スタンダード)は14時の復配など発表が好感され急伸。EduLab<4427>(東証グロース)は今9月期の営業益黒字化期待など再燃とされ出直り拡大。CYBERDYNE<7779>(東証グロース)はシンガポールの医療機関での製品使用など好感され3日続伸となり戻り高値を更新。

 東証プライム市場の出来高概算は9億9386万株(前引けは4億6068万株)、売買代金は2兆6252億円(同1兆3026億円)。プライム上場1838銘柄のうち、値上がり銘柄数は1014(前引けは890)銘柄、値下がり銘柄数は712(同831)銘柄。

 また、東証33業種別指数は19業種(前引けは17業種)が値上がりし、値上がり率上位は、海運、サービス、不動産、電気機器、その他金融、建設、機械、その他製品、情報通信、小売り、精密機器、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 今日のマーケット