株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月28日

LAホールディングスは業績予想の増額が好感され「ホールディングス」設立後の最高値を更新

■高付加価値戦略が奏功し営業利益は従来予想を20%上回る見込みに

 LAホールディングス<2986>(東証グロース)は7月28日の後場一段と上値を追い、14時40分にかけて15%高の2890円(375円高)まで上げて「ホールディングス」体制になった2020年7月以降の高値を約4ヵ月ぶりに更新している。昼12時30分に業績予想の増額修正を発表、今12月期・通期の連結営業利益は従来予想を20%上回る見込みなどとし、好感買いが先行した。

 発表によると、今12月期は、新築不動産販売部門における高付加価値戦略が奏功し、想定よりも販売価格が上振れた。連結売上高は従来予想を10.7%上回る227億円の見込みに修正し、営業利益は従来予想を20%上回る42億円の見込みに、当期純利益は22.7%上回る27億円の見込みに修正した。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 業績でみる株価