株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月29日

【株式市場】日経平均は後場軟調に転じ13円安、一時円高進み物色が散漫に

◆日経平均は2万7801円64銭(13円84銭安)、TOPIXは1940.31ポイント(8.54ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は12億9359万株

 7月29日(金)後場の東京株式市場は、昼過ぎに一時1ドル132円台に戻る円高進行となったことなどを受け、トヨタ自<7203>(東証プライム)などの自動車株が値を消して始まり、キヤノン<7751>(東証プライム)などは軟調に転換。日経平均は前引けを80円下回る51円高で始まり、14時にかけて一時90円24銭安(2万7725円24銭)まで軟化した。中で商船三井<9104>(東証プライム)などの海運大手は一時的に下げたが切り返して前場高値を超える場面があり、JR東日本<9020>(東証プライム)日本航空<9201>(東証プライム)もジリ高、大引けは日経平均、TOPIXとも軟調で小反落となった。

 後場は、昼過ぎに四半期決算を発表した東洋水産<2875>(東証プライム)が一気に堅調転換して活況高となり、13時に発表した有機合成薬品工業<4531>(東証スタンダード)、14時に発表したミロク情報サービス<9928>(東証プライム)は発表直後から急伸。TDSE<7046>(東証グロース)も昼前の発表を受けて後場活況高。GA technologies<3491>(東証グロース)はグループ会社の不動産関連電子契約システムの契約社数300社突破など好感され出直り幅を拡大。ツクルバ<2978>(東証グロース)は7月決算赤字拡大予想だが次期ン回復に期待とされ出直り拡大。

 29日新規上場となったエアークローゼット<9557>(東証グロース)は午前9時25分に910円(公開価格800円の14%高)で初値をつけ、前引けは本日のストップ高の1060円。後場は大引けまで買い気配のまま推移。

 東証プライム市場の出来高概算は12億9359万株(前引けは5億6644万株)、売買代金は3兆2525億円(同1兆4500億円)。プライム上場1838銘柄のうち、値上がり銘柄数は513(前引けは740)銘柄、値下がり銘柄数は1259(同1026)銘柄。

 また、東証33業種別指数は10業種(前引けは20業種)が値上がりし、値上がりした業種は、サービス、陸運、海運、鉱業、小売り、石油石炭、その他金融、不動産、金属製品、となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:44 | 今日のマーケット