株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月31日

アイフリークモバイルのグループ会社が「ジュビロ磐田」との共同制作による絵本を配信開始

■絵本アプリ「森のえほん館」でチェック

aa1.jpg

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、 グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する絵本アプリ「森のえほん館」で、同社グル ープがサポーティングカンパニーを務めるJ1リーグサッカークラブ「ジュビロ磐田」のマスコットキャラクター「ジュビロくん」と「ジュビィちゃん」を主人公にした絵本『ジュビロくんとジュビィちゃんのだいぼうけん〜エンブレムにヒカリを〜』を7月29日(金)から配信を開始したと発表した。

 「ジュビロ磐田」と同社グループは、サポーティングカンパニー契約締結の際、電子絵本の共同制作を行い「森のえほん館」で作品を配信すると発表していた。このほど、発表の通り、「ジュビロ磐田」のマスコットキャラクター「ジュビロくん」と「ジュビィちゃん」が大活躍する冒険絵本を「森のえほん館」で配信をすることとなった。 今作のテーマはクラブの象徴でもある「サンコウチョウ」と「ツキ・ヒ・ホシ」である。「サンコウチョウ」 という鳥は、『ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ』と鳴くことから“三つの光の鳥 =三光鳥“と名付けられ、クラブのエンブレムにも「ツキ・ヒ・ホシ」のマークが描かれている。 真っ暗な洞窟、美しい湖、遠く離れた月など、「ジュビロくん」と「ジュビィちゃん」の様々な場所への大冒険を描いたストーリー展開が魅力となっている。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08 | プレスリリース