株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年08月08日

クレスコは23年3月期1Qが2桁増収・2桁営業増益と順調、通期予想据え置き

(決算速報)
 クレスコ<4674>(東証プライム)は8月5日の取引時間終了後に23年3月期第1四半期連結業績を発表した。営業外費用でのデリバティブ評価損や特別損失でのコーポレートロゴ変更費用などで経常・最終大幅減益だが、需要が高水準に推移して2桁増収・2桁営業増益と順調だった。通期予想は据え置いて増収増益・連続増配予想としている。企業のDX投資は高水準に推移する見込みであり、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は年初来高値圏で堅調に推移している。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。

■23年3月期1Qが2桁増収・2桁営業増益と順調、通期予想据え置き

 23年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比15.3%増の113億81百万円、営業利益が11.6%増の8億91百万円、経常利益が36.2%減の5億63百万円、親会社株主帰属四半期純利益が54.4%減の3億20百万円だった。

 営業外費用でのデリバティブ評価損4億84百万円の計上や、特別損失でのコーポレートロゴ変更費用1億12百万円の計上などで経常・最終大幅減益だったが、需要が高水準に推移して2桁増収・2桁営業増益と順調だった。

 ITサービス事業は売上高が14.5%増の108億63百万円、セグメント利益(全社費用等調整前営業利益)が14.9%増の13億05百万円だった。

 このうちエンタープライズ区分は売上高が2.1%減の41億91百万円、営業利益が7.4%減の4億51百万円だった。人材紹介・人材派遣分野や運輸分野での大型案件収束、一部不採算案件発生などが影響した。金融区分は売上高が21.3%増の36億54百万円、営業利益が20.1%増の4億16百万円だった。銀行・保険分野での基盤構築・移行案件の増加に加えて、証券・カード等分野でも案件が増加した。製造区分は売上高が37.7%増の30億17百万円、営業利益が44.9%増の4億38百万円だった。機械・エレクトロニクス分野や自動車・輸送機器分野での新規顧客からの受注、21年7月1日付でOECを子会社化した新規連結効果に加えて、前期に子会社で発生した不採算案件が解消したことも寄与した。
 
 デジタルソリューション事業は、売上高が34.1%増の5億18百万円、営業利益が8.0倍の11百万円だった。クラウドサービス「Creage」やRPAライセンス販売が増加した。

 通期の連結業績は据え置いて、売上高が22年3月期比6.9%増の475億円、営業利益が6.6%増の47億50百万円、経常利益が7.7%増の51億50百万円、親会社株主帰属当期純利益が3.5%増の33億50百万円としている。配当予想は22年3月期比2円増配の46円(第2四半期末23円、期末23円)としている。

 引き続き受注が好調に推移する見込みとしている。不透明感を考慮して小幅増益にとどまる予想としているが保守的だろう。企業のDX投資は高水準に推移する見込みであり、さらに上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。

■株価は上値試す

 株価は年初来高値圏で堅調に推移している。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。8月5日の終値は2097円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS159円22銭で算出)は約13倍、今期予想配当利回り(会社予想の46円で算出)は約2.2%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1051円97銭で算出)は約2.0倍、そして時価総額は約482億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:26 | 決算発表記事情報