スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月24日

NTTデータは排出権仲介事業参入報道で反発。続落から上昇トレンド形成へ

 NTTデータ<9613>(東1)は反発。1000円高の53万6000円で始まり、寄り後は54万円台に乗せている。
 今朝の日経新聞等で「排出権仲介に参入」と報道された。記事によると、今秋にも、企業のCO2(二酸化炭素)排出を「ゼロ」にするための日本初の総合支援サービスを始める。省エネ対策を指南し、足りない部分は排出権の取得を仲介して相殺する。第一弾として流通、不動産など約10社と契約を結ぶ見通しという。
 同社の今年に入ってからのチャートを見ると、年初の63万円ラインから、現在の54万円ラインまで続落傾向で来ている。なので、自律反発のタイミングではある。新事業をバネに反発→上昇トレンド形成と行きたい。まずは25日移動平均線56万円ラインまでは戻ると見る。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 株式投資ニュース