株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年08月15日

昭和電線HDは「筆頭株主による一部売却」にもかかわらず後場次第に強含む

■富通集団有限公司が段階的に売却しているものと認識

 昭和電線ホールディングス(昭和電線HD)<5805>(東証プライム)は8月15日の後場、次第に強含み、13時過ぎに1853円(10円高)まで上げて堅調に推移。前引け後、「筆頭株主による当社株式の一部売却に関するお知らせ」を発表し、推移が注視されたが、株価はむしろ堅調となっている。

 発表によると、同社は、中国での展開に合わせて、富通集団有限公司グループとの協力関係を資本および事業の両面で強化していくことを目的として、2011年5月に富通集団有限公司との間で業務提携に関する契約を締結し、さらに富通集団(香港)有限公司との間で第三者割当増資による新株式の引受に関する契約を締結した。その後、両社グループを取り巻く経営環境が大きく変化する中で、資本提携については当初の目的を達成しており、富通集団有限公司が間接的に保有する当社株式を減少させていく方針を双方の共通する認識として確認した。これに基づき、富通集団有限公司は、昭和電線HD株式を段階的に売却しているものと認識しているが、具体的な売却時期、売却株数、今後の保有株数については株主である同社独自の判断によるものになるという。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 材料でみる株価