株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年08月25日

【株式市場】日経平均は165円高、後場一段と強含み6日ぶりに上げる

◆日経平均は2万8479円01銭(165円54銭高)、TOPIXは1976.60ポイント(9.42ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は9億645万株

 8月25日(木)後場の東京株式市場は、東京エレク<8035>(東証プライム)が一段ジリ高となり、前引けは小安かった信越化学<4063>(東証プライム)は次第に堅調に転換、ソニーG<6758>(東証プライム)も中盤からプラス圏に浮上など、日経平均の高寄与度銘柄が強い印象で、三井住友FG<8316>(東証プライム)などのメガバンク株も一段強含んだ。日経平均は167円高で始まり、電力株などはダレ模様になったものの、14時過ぎに221円24銭高(2万8534円71銭)まで上げ、大引けも上げ幅を保ち6日ぶりに上げて終った。

 後場は、タムラ製作所<6768>(東証プライム)が一段高となり、現行のケイ素系素材に代わる酸化ガリウム素材によるパワー半導体への期待などで4日ぶりに高値を更新。第一生命HD<8750>(東証プライム)などの保険株にも一段ジリ高の銘柄が見られ、岡野バルブ製造<6492>(東証スタンダード)は原発関連のなかで強さが目立ち大引けまでストップ高。アサカ理研<5724>(東証スタンダード)アミタホールディングス<2195>(東証グロース)は金属リサイクル拡大政策を受け急伸。

 東証プライム市場の出来高概算は9億645万株(前引けは4億7683万株)、売買代金は2兆222億円(同1兆611億円)。プライム上場1838銘柄のうち、値上がり銘柄数は1243(前引けは1245)銘柄、値下がり銘柄数は512(同498)銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種(前引けは29業種)が値上がりし、値上がり率上位は、医薬品、保険、金属製品、その他金融、ガラス土石、倉庫運輸、鉄鋼、精密機器、建設、海運、空運、サービス、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:05 | 今日のマーケット