株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月25日

東芝の寄り後は逆行高。池上と資本提携、NECエレ・富士通とLSI共同開発報道で

 東芝<6502>(東1)は反発。前日終値と同額の1160円で始まり、寄り後は1174円まで買われている。
 きのう大引け後に発表した、池上通信機<6771>(東1)との資本提携が買い材料となっているもようだ。池上通信機の第三者割当による新株発行を、東芝が全額引き受ける。東芝は池上の株式の約20%を所有し、同社の筆頭株主となる。
 加えて、今朝の日経新聞で、東芝とNECエレクトロニクス<6723>(東1)富士通<6702>(東1)が、「最先端半導体を共同開発」として、システムLSI(大規模集積回路)の製造技術を共同開発することで基本合意したと報じられた。
 今朝は日経平均株価が191円16銭安の1万7810円97銭で始まっている、地合いの悪い状況。そのなかで同社の寄り後は、逆行高となっている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 株式投資ニュース