株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月25日

新日本石油はギャップダウン→続落。今朝は石油・石炭セクターが売られる

 新日本石油<5001>(東1)はギャップダウン→続落。27円安の1139円で始まり、その後は1110円台で推移している。
 今朝の日経新聞等で「新潟県中越沖地震で東京電力<9501>(東1)の柏崎刈羽原子力発電所が停止したため、東電は火力発電所の稼動を引き上げる」「新日石、昭和シェル石油<5002>(東1)などは、東電向け重油供給を上積み」「緊急輸入や増産」と報道された。
 加えて、東電から電力融通を要請された、ほかの電力会社も火力発電所を中心に操業強化を図っており、重油・石炭需要増大の思惑が出ていると報道されている。
 石油連盟では「業界全体で、1ヵ月に70万キロリットルの重油・原油の追加需要」との見通しを出しているという。
 しかし、今朝は同社をはじめとして、石油・石炭製品セクターは下落。東証1部業種別株価指数で値下がり率トップとなる場面も出ている。
 ここ数日、買われすぎたための反動だろうか。また、今朝は日経平均株価が一時、200円以上の下げとなるなど、地合いが悪い。そのため、過熱から、「いったん売り」の調整局面となっているもようだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース