株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年09月27日

【株式市場】日経平均は220円高、4日ぶり反発基調、円安恩恵銘柄など買い直す

◆日経平均は2万6651円60銭(220円05銭高)、TOPIXは1882.09ポイント(17.81ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は5億3837万株

 9月27日(火)前場の東京株式市場は、円相場が再び1ドル144円台に入ったことなどを受け、トヨタ自<7203>(東証プライム)信越化<4063>(東証プライム)など円安が追い風になる銘柄が反発し、9月期末配当の権利付最終日に当たる9月28日を前に配当狙いの買いも見られた様子。JR東日本<9020>(東証プライム)は前引けにかけて小高くなった。ソニーG<6758>(東証プライム)も前日まで5日続落だった反動高があるとされてしっかり。日経平均は153円高で始まり、午前10時頃に248円65銭高(2万6680円20銭)まで上げた。中盤から鉄鋼、海運株が値を消したため伸び悩んだが前引けも上げ幅200円台で4日ぶりの反発基調となった。

 シンクロ・フード<3963>(東証プライム)が業績上ぶれ期待に加え10月中旬からの『全国旅行割』開始など材料視されて大きく反発し、ハピネット<7552>(東証プライム)は業績予想の増額など好感され急伸。AIメカテック<6227>(東証スタンダード)JUKI<6440>(東証プライム)との資本業務提携など好感されストップ高。アースインフィニティ<7692>(東証スタンダード)はメタバース事業への取組などによる9月初から上げ続けて需給が締まったとされ急伸に発展しストップ高。Unipos<6550>(東証グロース)は人事の発表が顧問に大物を招聘と受け止められたようで急伸しストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億3837万株、売買代金は1兆2507億円。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1489銘柄、値下がり銘柄数は273銘柄。

 東証33業種別指数は31業種が上げ、海運、不動産を除く全業種が高い。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | 今日のマーケット