株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年09月30日

C&R社、Web3事業・NFT事業のパートナーとしてDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(シンガポール)に追加出資

■「クリエイターの生涯価値向上」を図る事業開発で連携強化

 クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は、ブロックチェーン(注1)やNFT(注2)を活用したC&R社のWeb3(注3)事業パートナーとしての連携強化を図るため、GameFi(注4)プラットフォーム事業をグローバルで展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(シンガポール、以下DEA)への追加出資を決定した。C&R社が9月29日に発表した。

kuri1.jpg

【注1】ブロックチェーン(分散型台帳):ブロックと呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管するデータベース技術。

【注2】NFT:Non−Fungible Token(非代替性トークン)の略。ブロックチェーン技術を基に、唯一無二のものであることを証明できるデジタルデータ。

【注3】Web3:ブロックチェーンやNFTを活用し、個人間でデジタルデータの所有権や取引情報を分散管理する新しいインターネット。巨大な管理者を置かないため「分散型インターネット」や「非中央集権型のインターネット」とも称される。

【注4】GameFi:NFTゲーム。遊べば遊ぶほど稼げるゲーム(Play To Earn)のこと。

 C&R社は、2021年4月にDEAへの出資を公表し、DEAのGamefiプラットフォーム「PlayMining」に対して人気漫画『ブラックジャックによろしく』(著:佐藤秀峰氏)や『カイジ』(著:福本伸行氏)の主人公をNFTカード化して提供してきたほか、2023年春リリースに向けてNFTゲーム『HERO SPIRAL』の共同開発を進めてきた。

 この度の追加出資により、ゲームの開発やコンテンツ提供だけでなく、メタバース(注5)関連コンテンツの共同開発やNFT活用領域の拡大、新規事業開発などを通じて、C&R社の事業ミッションであるクリエイターをはじめとしたプロフェッショナルの生涯価値の向上を目指す。

【注5】メタバース:仮想現実空間を利用し、ユーザー同士のコミュニケーションや現実さながらのライフスタイルを送ることができる世界(一般社団法人Metaverse Japanホームページより)。

■DEA社の概要

 GameFiプラットフォーム事業を手がけるDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA)は、2018年8月にシンガポールで設立され、独自の暗号資産「DEAP Coin」を発行。プラットフォーム「PlayMining」は2022年8月現在、全世界100カ国、240万人を超えるユーザーを有する。Play to Earnゲーム『JobTribes』や、NFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」、メタバースプロジェクト「PlayMining Verse」を展開しており、エンターテインメント体験に軸足を置いた「GameFi2.0」の世界をリードするWeb3エンターテインメント企業として、ブロックチェーン技術を活用し、「楽しむことが価値に変わる」世界の実現を目指している。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | プレスリリース