株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年09月30日

【株式市場】日経平均は442円安、NY株の大幅反落など受け自動車株など安い

◆日経平均は2万5979円75銭(442円30銭安)、TOPIXは1841.66ポイント(27.14ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は6億1676万株

 9月30日(金)前場の東京株式市場は、ドイツの物価指標高騰を受けたEUの再利上げ観測やNY株の大幅反落を受け、自動車株が含まれる「輸送用機器」が東証の業種別指数(33業種)の値下がり率1位となり、「電機機器」は値下がり率3位となった。半面、住友不<8830>(東証プライム)などの不動産株は円安を受け海外から国内の不動産買い活発との報道などを受けて堅調に推移し、アステラス製薬<4503>(東証プライム)科研製薬<4521>(東証プライム)などの薬品株、食品株の一角が高い。日経平均は182円安で始まり次第安となり、前引け間際に493円04銭安(2万5929円01銭)まで下押した。



 KDDI<9433>(東証プライム)などの携帯キャリア3銘柄が上げ、「通信用電波の一部、オークションで割り当て、総務省}日本経済新聞9月29日付朝刊)など買い材料視。キユーピー<2809>(東証プライム)は三菱UFJモルガンスタンレー証券による目標株価の引き上げなど好感され一段と出直り、コーセー<4922>(東証プライム)はUBS証券による引き上げなど好感され続伸基調。ソフトウェア・サービス<3733>(東証スタンダード)は10月決算の上振れ期待など言われ一段高。HOUSEI<5035>(東グロース)は中国向けEC事業での新サービスなど材料視され一時ストップ高。

 30日新規上場のグッピーズ<5127>(東証グロース)は午前9時56分に2020円(公開価格1550円の30%高)で売買が成立し初値をつけた。その後2120円まで上げ、前引けは2008円。

 東証プライム市場の出来高概算は6億1676万株、売買代金は1兆4656億円。プライム上場1831銘柄のうち、値上がり銘柄数は271銘柄、値下がり銘柄数は1507銘柄。

 また、東証33業種別指数は2業種が値上がりし、医薬品、不動産、が高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11 | 今日のマーケット