株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年09月30日

サーキュレーションは福岡市とのタイアップ事業など好感され2日続伸基調

■人材難のスタートアップ企業に必要なプロ人材を派遣、と伝えられ注目再燃

 サーキュレーション<7379>(東証グロース)は9月30日の後場13時にかけて1900円(100円高)前後で推移し、年初来の安値圏から2日続伸基調の出直り相場となっている。高い専門性を有する人材の経験・知見を複数の企業でシェアする「プロシェアリング」サービスを行い、9月30日付の日本経済新聞「福岡市のスタートアップ、専門人材確保に苦慮」(九州経済面)と題した記事で、福岡市が支援に乗り出し、「専門人材を企業に紹介するサーキュレーションと組み、必要なプロ人材をスタートアップに派遣する事業を2021年度から始めた」と取り上げられたことなどが言われ、買い材料視されている。

 株価は7月決算を発表した翌日の9月14日から28日まで9日連続安となってきたが、業績は拡大の見込みとし、経常利益は2022年7月期に前期比16.3%増の5.28億円となったのに続き、今期・23年7月期は13.5%増の6.0億円の予想とするなど、売上高、各利益とも2ケタの伸び率で拡大する見込みとする。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:26 | 材料でみる株価