スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月27日

ディー・エヌ・エーは気配値切り上げ。1Q好決算と中期・通期の上方修正

 ディー・エヌ・エー<2432>(東マ)は1万8000円と、気配値切り上げ。
 26日大引け後に発表した、第1四半期(4〜6月)連結決算は、売上高が前年同期比138.4%増の56億0800万円、経常利益が同158.1%増の20億8500万円、純利益が同103.3%増と、いずれも倍以上の増収増益となった。
 モバイル事業は、携帯ゲーム&SNS『モバゲータウン』を中心に、アフィリエイトネットワーク、携帯電話オークションなどが好調に推移。Webコマース事業では、携帯電話向けショッピングサイトなど、モバイル分野の強化が奏功した。
 また、業績予想の上方修正を発表した。連結・個別とも、9月中間・2008年3月きまつとも、売上高、営業・経常・純利益とも、上方修正となった。
 2008年3月期連結業績予想は、売上高が前回予想から20億円増額の255億円(前年実績比79.8%増)、経常利益が同20億円増額の90億円(同94.8%増)、経常利益が同9億円増額の45億円(同77.2%増)とした。
 チャートを見ると、2005年2月の上場以来、株価は20万円台から40万円台へと、右肩上がりで来ている。短期日足でも、今年3月につけた年初来安値34万8000円を底に、上昇トレンドを形成中だ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:58 | 株式投資ニュース