株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年11月18日

アステナHDの連結子会社スペラファーマが医薬品開発の創薬ベンチャー、ジェイファーマに出資

■がん細胞に特異的に発現するLAT1に着目した抗がん剤開発など追求

 アステナホールディングス(アステナHD)<8095>(東証プライム)は11月18日の夕方、連結子会社スペラファーマ株式会社(大阪府大阪市、岩城慶太郎代表取締役社長)が引受け手となって、医薬品開発などを行うジェイファーマ株式会社(神奈川県横浜市、吉武益広代表取締役社長)が実施する第三者割当による新株予約権の引受けを行ったと発表した。

 ジェイファーマは、主として細胞膜に存在するたんぱく質で細胞内外への物質輸送を担う「トランスポーター」を標的とした創薬を希求するベンチャー企業で、近年は特にLタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)を標的とした医薬品開発を進めている。

 トランスポーターはその分子実態が明らかになる前から薬物研究の対象として注目されていたが、個々の分子について構造や機能が解明されるにともない、創薬ターゲットとしての重要性が再認識されてきている。

 スペラファーマでは、ジェイファーマが有する技術及び化合物のメカニズムの新規性と将来性に着目しており、特に、がん細胞に特異的に発現するLAT1に着目した抗がん剤開発は有用性が期待できるとの考えから、従前よりジェイファーマとの協力関係を継続している。

 アステナグループにおけるファインケミカル事業及び医薬事業では、人々の健康に貢献するとともに製薬業界に資するため、医薬品原薬の開発・製造・販売から医薬品開発・販売までのバリューチェーンを手広く手掛けてきた。その中で、スペラファーマは、主にCMC(Chemistry Manufacturing and Control)に関する研究開発・製造の分野で内外の製薬企業、ベンチャー企業及びアカデミアに対して様々なソリューションを提供している。このたび、ジェイファーマが実施した第三者割当増資を引き受けることで、ジェイファーマの医薬品開発の促進と、適応疾患でお困りの患者様への支援提供の加速に貢献していく。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | 新製品&新技術NOW