株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年11月24日

【株式市場】日経平均は332円高、米利上げピッチ後退観測など好感、TOPIXは3ヵ月ぶり2000ポイントを回復

◆日経平均は2万8448円58銭(332円84銭高)、TOPIXは2022.04ポイント(27.29ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は増加し7億335万株

 11月24日(木)前場の東京株式市場は、NYダウが2日間で493ドル高となったことや米利上げピッチ後退観測を受け、ソニーG<6758>(東証プライム)レーザーテック<6920>(東証プライム)などが上げ、米景気回復期待などで三井物産<8031>(東証プライム)日本郵船<9101>(東証プライム)なども高い。銀行、保険株もしっかり。日経平均は257円高で始まり、386円55銭高(2万8502円29銭)まで上げながら前引けも上げ幅300円台を保った。TOPIXは8月19日以来の2000ポイント台を回復した。

 サッカーW杯で日本がドイツに勝ったことを受け、ミズノ<8022>(東証プライム)ハブ<3030>(東証プライム)が高値を更新し、ゲームを放送したサイバーエージェント<4751>(東証プライム)も高い。タカトリ<6338>(東証スタンダード)は引き続きパワー半導体製造装置の大型受注など材料視され高値更新。アイリッジ<3917>(東証グロース)はNTTデータの小口決済インフラ開発支援など買い材料視され急伸。Chatwork<4448>(東証グロース)は引き続きWeb開発ツールなど提供するデジタルレシピとの提携が好感されストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は増加し7億335万株、売買代金は1兆8184億円。プライム上場1836銘柄のうち、値上がり銘柄数は1583銘柄、値下がり銘柄数は200銘柄。

 また、東証33業種別指数は石油石炭を除く32業種が値上がりし、海運、銀行、卸売り、保険、電気機器、その他金融、電力ガス、精密機器、金属製品、サービス、機械、非鉄金属、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 今日のマーケット