株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年12月05日

資生堂が続伸基調、北京や上海でのコロナ対策一部緩和など好感

■通期業績予想については超過達成の予想も

 資生堂<4911>(東証プライム)は12月5日、続伸基調となり、午前9時30分過ぎに6299円(195円高)まで上げる場面を見せて出直りを継続している。「北京や上海、コロナ対策を一部緩和、きょうから公共交通で」(日本経済新聞12月5付朝刊)と伝えられたことなどが買い要因とされ、中国での需要回復の期待が出ている。11月24日には、大和証券が目標株価を670円引き上げて6060円に見直したと伝えられた。株価はすでに上回っているが、株式市場関係者からは、こうしたレポートは、目標株価を上げることで株価の方向性を示唆することもあるとして引き続き上値を見込む様子がある。

 第3四半期累計の連結コア営業利益は前同比2.8倍となり、調査筋の大方の予想を上回ったもよう。同証券のリサーチ・レポートでは、「好悪の混ざる内容」としながらも、会社発表の通期業績予想について、「超過達成の可能性は高いとみている」などとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:16 | 材料でみる株価