株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年12月05日

【株式市場】TOPIXは小安いが日経平均は30円高、材料株のほか鉄鋼、機械など高い

◆日経平均は2万7808円74銭(30円84銭高)、TOPIXは1944.21ポイント(9.77ポイント安)、出来高概算(東証プライム)5億4217万株

 12月5日(月)前場の東京株式市場は、前週末の米国ではASDAQ指数や半導体株指数が下げたものの、東京エレク<8035>(東証プライム)は始値を除いて堅調に推移するなど、半導体株に高い銘柄が見受けられ、日本製鉄<5401>(東証プライム)ファナック<6954>(東証プライム)などもしっかりとなった。中国のコロナ規制一部緩和を受け資生堂<4911>(東証プライム)なども高い。TOPIX(東証株価指数)は小安いまま推移したが、日経平均は24円安で始まったあと持ち直し、76円21銭高(2万7854円11銭)まで上げて前引けも堅調となった。

 エーザイ<4523>(東証プライム)がアルツハイマー薬への期待再燃となって反発幅拡大。ジャストシステム<4686>(東証プライム)は日本語入力ソフトの新製品好調とされて急反発。プロルート丸光<8256>(東証スタンダード)は取り扱い商品が藤田ニコルさんのSNSで取り上げられ高人気とされ急伸。ジェイ・エスコムホールディングス<3779>(東証スタンダード)は業務提携など好感され買い気配のままストップ高。イー・ロジット<9327>(東証スタンダード)はイケアが受け取り拠点を3倍に拡充との報道などで一時急伸しストップ高。ウェッジホールディングス<2388>(東証グロース)は海外での訴訟案件に動きがあるのではといった憶測が言われ再び一段高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億4217万株、売買代金は1兆3439億円。プライム上場1836銘柄のうち、値上がり銘柄数は462銘柄、値下がり銘柄数は1302銘柄。

 また、東証33業種別指数は6業種が値上がりし、鉄鋼、鉱業、空運、小売り、繊維製品、が高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | 今日のマーケット