株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年12月06日

サイバーエージェントは6%安から切り返し3%安、サッカーW杯で日本代表チーム敗れるが「ABEMA」(アベマ)」には大きな起爆剤の見方

■「ABEMA」のメディア事業は赤字だが黒字化に向けて期待強まる

 サイバーエージェント<4751>(東証プライム)は12月6日、取引開始後の6%安(79円安の1202円)を下値に持ち直し、午前10時にかけては3%安(41円安の1240円)へと切り返している。「ABEMA」(アベマ)テレビ」(インターネット放送局「ABEMA」)でサッカーW杯の試合を中継し、6日早朝に日本代表チームが決勝トーナメントで敗れたため売り材料視されたが、次第に押し目買い優勢となっている。W杯をキッカケに「ABEMAテレビ」の視聴が増えたとの観測が出ており、「ABEMA」を中核とするメディア事業の黒字化に向けて大きな起爆剤になったとの期待が出ている。

 前9月期の連結決算では、メディア事業の売上高は1121億円(前期比35.3%増)、営業利益益は124億円の赤字(27億円の改善)だった。WAU(週間アクティブユーザー数)は過去最高を更新した。今回のサッカーW杯の放送では、元日本代表の本田圭佑選手の解説が話題になった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:16 | 材料でみる株価