株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年12月06日

マーチャント・バンカーズの創薬企業バイオジップコード社が東北大学発のベンチャーCo−LABO MAKER社と業務提携し画期的な糖尿病薬などの開発を推進

■研究リソースシェアリングプラットフォーム「Co−LABO MAKER」を活用

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は12月6日の午後、グループの創薬ベンチャー、株式会社バイオジップコードの業務提携を発表した。提携先は、東北大学発ベンチャーで、研究リソースシェアリングプラットフォーム「Co−LABO MAKER」を運営する株式会社Co−LABO MAKER(仙台市青葉区、「Co−LABO MAKER社」)。Co−LABO MAKER社は、研究開発シェアリングプラットフォーム「Co−LABO MAKER」の開発・運営などを行っている。

 この業務提携により、再生医療や動物実験(マウス、ラット、ゼブラフィッシュ)などの具体的な研究リソースを「Co−LABO MAKER」に公開し、「Co−LABO MAKER」を通じて、医薬品や健康食品メーカー、研究機関など、アドバイザリー業務の対象先とのマッチングをはかっていく。また、このプラットフォームを通じ、さまざまなプレイヤーとの協力関係を構築し、糖尿病の新たな診断薬の開発や、糖尿病を完治させる画期的な医薬品等の開発を進める。

 滋賀医科大学特別教授・バイオジップコード社研究開発責任者である小島秀人氏は、糖尿病が治らない原因となっている、異常な幹細胞を発見した。バイオジップコード社は、この異常な幹細胞をターゲット(標的)とする、糖尿病の新たな診断薬の開発や、糖尿病を完治させる画期的な医薬品等の開発を行っている。この開発は、既存薬のリポジショニングにより、大幅に開発期間の短縮が可能であり、また、静脈注射だけでなく経口薬としての商品化も目指しており、バイオジップコード社は、Co−LABO MAKER社のプラットフォームを通じ、さまざまなプレイヤーとの協力関係を構築し、この社会的なプロジェクトを、より強力に展開してゆくことを期待している。

 また、バイオジップコード社は、2022年9月に発表したとおり、研究活動により集積された技術やノウハウを活かし、事業として、糖尿病や再生医療に関するアドバイザリー業務に取り組んでいる。今般、Co−LABO MAKER社との業務提携により、再生医療や動物実験(マウス、ラット、ゼブラフィッシュ)などの具体的な研究リソースを「Co−LABO MAKER」に公開し、「Co−LABO MAKER」を通じて、医薬品や健康食品メーカー、研究機関など、アドバイザリー業務の対象先とのマッチングをはかっていく。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | IR企業情報