株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年12月08日

クロップスが一時21%高、KDDIとの資本業務提携、第三者割当(自己株式の処分)を好感

■KDDIは発行株数の20.02%を保有することに

 クロップス<9428>(東証スタンダード)は12月8日、急伸相場となり、一時21%高の1270円(222円高)まで上げる場面を見せて一気に2017年以来の1200円台に進んでいる。7日の17時前にKDDI<9433>(東証プライム)との資本業務提携と、KDDIを引受先とする第三者割当(自己株式の処分)を発表し、期待集中となった。処分期日は2023年1月31日。KDDIは発行済株式数の20.02%を保有(議決権割合は20.32%)することになるとした。

 クロップスはKDDIと2001年4月1日付で代理店業務委託基本契約書を締結し、現在ではau商品を中心とした販売店である「au Style /auショップ」を愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、東京都、埼玉県で51店舗、UQ mobile商品を中心とした販売店である「UQスポット」を愛知県、三重県、岐阜県、東京都、埼玉県の17店舗で展開している。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 材料でみる株価