スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月30日

日本ガイシは好業績・好チャートで買われ、上場来高値を更新。上昇トレンドに戻す

 日本ガイシ<5333>(東1)は続伸。250円高の3320円で始まり、その後3540円まで買われている。今月7日につけた上場来高値3400円を更新した。東証1部値上がり率トップとなる場面も出ている。ちなみにストップ高ラインは3570円。
 先週末27日大引け後に発表した、業績上方修正と、第1四半期好決算が買い材料。
 業績予想の修正は、連結・単独とも、中間・通期とも、売上高、営業・経常・純利益とも上方修正とした。為替が想定よりも円安に推移しており、セラミックス事業での「SiC製ディーゼル・パティキュレート・フィルター」の増販や、自動車用排ガス浄化用触媒担体の欧州向けの出荷増などによる。
 1Q連結決算は、売上高が前年同期比約2割増収、経常・純利益がそれぞれ同約5割の増益と、大幅な増収増益となった。
 チャートを見ると、この1年ほどは1000円ラインから3500円ラインまで、続伸してきた。この数日は、地合いの悪化で一時、3000円ラインまで下落したものの、今朝の反発で、上昇トレンドラインにほぼ戻した格好だ。
 今朝は地合いが引き続き悪いため、同社のような好チャート、好業績銘柄に、さらに人気が集まっているようだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:53 | 株式投資ニュース