スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月30日

日本レップは続伸。上昇トレンドの好チャートと好業績が買われる

 日本レップ<8992>(東マ)は続伸。5000円高の50万円で始まり、その後は52万5000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、上昇トレンドの好チャートと、好業績が買われているもようだ。また、今朝は地合いが悪いため、買われている銘柄に、さらに買いが集中する状況になりがちなようだ。
 同社は物流施設の仲介事業を柱に、近年はアセットマネジメント事業が拡大している。業績はこの数期、ほぼ右肩上がりで来ており、今期2008年3月期連結業績予想も、増収増益。業界観測では、2009年3月期連結業績予想も、さらに増収増益と見られている。
 実質無借金の好財務。大口株主は和本清博社長ら役員のほか、信託・投信や、野村証券といった優良企業も入っている。現在の株価で、PERは45倍台、PBRは6倍台と、指標的には、割高めではある。
 2006年6月上場時からのチャートを見ると、株価は右肩上がりで来ている。2007年2月の55万円ラインと、6月の60万円ラインで、上値を切り上げるダブルトップに見える。このまま続伸して、前の高値60万円を上抜き、エリオット波動の山を形成したいところだ。
 まずは6月高値60万円ライン奪回が目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 株式投資ニュース