スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月30日

株マニ注目の日本新薬が年初来高値を更新

 日本新薬<4516>(東1)が、49円高の1201円と4日ぶりに反発し6月26日につけた年初来高値1195円を更新している。
 7月2日、京都大学の前川平教授と木村晋也講師らの研究チームが、開発した慢性骨髄性白血病の治療薬候補物質が、脳など中枢神経で白血病細胞が増えてしまう治療困難なケースにも有効なことを動物実験で突き止めた。従来の一般的な薬では効果が期待できなかったが、新薬候補物質なら少量でも効果が見込めると研究チームではみている。この物質は「INNO―406」。研究チームと日本新薬が開発、米イノバイブ社が米国などで第一相臨床試験を進めていると日本経済新聞の朝刊が報じている。
 下値を切り上げを鮮明にした好チャートに加え、信用取組倍率0.27倍と好需給も支えに、1195円抜けから急上昇する場面も期待できよう。株マニ7月23日短期注目銘柄から)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:34 | 株式投資ニュース