株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年01月24日

【株式市場】日経平均は433円高、NY株の大幅続伸など受け昨年12月以来の2万7000円台

◆日経平均は2万7339円61銭(433円57銭高)、TOPIXは1971.55ポイント(26.17ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は5億4614万株

 1月24日(火)前場の東京株式市場は、NY株が大幅続伸し、半導体株指数のSOXも5%高となったことなどをけ、鉄鋼、自動車、機械株などから半導体関連、電子部品株などが一斉高となり、日本製鉄<5401>(東証プライム)は中国の経済活動活発化期待もあり2018年2月以来の2700円台。半導体関連株も東京エレク<8035>(東証プライム)が年初来の高値を更新など軒並み高い。日経平均は244円高で始まり、次第高のまま午前10時40分過ぎには上げ幅を400円台に拡げ、453円89銭高(2万7359円93銭)まで上げて前引けも大幅高。2万7000円台は、取引時間中としては昨2022年12月20日以来となった。

 首相の「異次元の少子化対策」を受けJPホールディングス<2749>(東証プライム)が2018年以来の高値を一時連日更新し、テノ.ホールディングス<7037>(東証プライム)はストップ高となり2週間ぶりに戻り高値を更新。インフォマート<2492>(東証プライム)はインボイス制度の関連株とされて出直り継続。サンオータス<7623>(東証スタンダード)は引き続き電動キックボードの免許免除が好感され2日ぶりにストップ高。上場2ヵ月のティムス<4891>(東証グロース)は外資系証券による投資判断開始が好感されストップ高。シャノン<3976>(東証グロース)はキヤノンMJとの販売提携など好感され気配値のままストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億4614万株、売買代金は1兆4243億円。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1490銘柄、値下がり銘柄数は287銘柄。

 東証33業種別指数は全33業種が値上がりし、機械、電気機器、金属製品、卸売り、精密機器、鉄鋼、非鉄金属、情報通信、石油石炭、銀行、サービス、ゴム製品、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13 | 今日のマーケット