株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月01日

シャープは「堺市に新工場」発表も、小反落

 シャープ<6753>(東1)は小反落。10円安の2055円で始まっている。
 きのう大引け後に「『21世紀型コンビナート』を展開」と発表したが、市場は反応薄だ。
 大阪府堺市に、最先端の液晶パネル工場と、薄膜太陽電池を量産する太陽電池工場を、併設する。敷地面積は127万平方メートル。3800億円を投資。今年11月に着工し、2010年3月までに稼動開始する。
 同社は三重県の亀山工場で培った「『垂直統合型』のさらなる深耕化」として、同工場で構築したノウハウを活かすとしている。
 が、亀山工場のケースは、企業にとっては低コスト化の「成功例」だが、地元が期待したほどの経済効果よりも、逆に不安定な期間労働者や外国人労働者の増加などを招いただけだったとの指摘・報道もある。同社側が「成功例」と胸を張るほどには、市場は評価していないのかもしれない。
 また、今朝は日経平均株価が続落し、79円69銭安の1万7169円20銭で始まるなど、地合いの悪い状況でもある。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 株式投資ニュース