スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月02日

東急不動産は小反発。きのう国税庁発表の路線価2年連続上昇で、不動産セクターが強い

 東急不動産<8815>(東1)は小反発。20円高の1140円で始まり、寄り後は1147円まで買われている。
 国税庁がきのう発表した2007年分の路線価が、2年連続で上昇したことを受けて、今朝は不動産セクターが高い。東証1部業種別株価指数で、値上がり率上位にランクインしている。同社のほか、三井不動産<8801>(東1)三菱地所<8802>(東1)東京建物<8804>(東1)藤和不動産<8834>(東1)アーバンコーポレイション<8868>(東1)などが買われている。
 また、今朝は前日の米ニューヨーク株式市場相場の反発を受け、日経平均株価が寄り後、一時、128円18銭高の1万6999円16銭まで戻した、堅調な地合いも背景にある。
 東急不動産のチャートを見ると、6月につけた直近高値1500円ラインから続落してきた。このまま反発→続伸なら、まずは次のフシ1300円が目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース