スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月02日

フォスター電機が大幅に反発、中間期業績予想の上方修正を好感

 フォスター電機<6794>(東1)が、162円高の1900円と大幅に反発し7月20日につけた年初来高値1862円を更新している。前日、第1四半期決算と併せて中間期業績予想の修正を発表、中間期業績予想の上方修正を好感した買いが優勢となっている。中間期の売上高が前回予想を20億円上回る420億円、経常利益が同10億円上回る27億円、純利益が同4億円上回る14億円に修正した。、昨年12月に竣工したベトナムの第1 工場の製造体制が軌道に乗ったことで、ヘッドホン関連製品の製造能力は大きく強化され、前年度に比べて生産数量も増加。また薄型テレビの販売量の拡大していることから、中間期の業績予想を上方修正した。通期については予想を据置いているが、上ブレ期待も高まっている。株価は、06年4月につけた上場来高値2425円を目指す動きか。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース