スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月02日

イオンはなぜに続落?森トラストとの名古屋駅南地区の開発事業参入報道も市場は反応薄

 イオン<8267>(東1)は続落。寄り後は一時、31円安の1833円まで売られた。
 今朝の日経新聞等で「森トラストとイオンは、JR名古屋駅南側にある笹島地区の開発事業に参画する」と報道されたが、市場は反応薄だ。
 報道によると、森トラストの入札計画にイオンも協力して店舗を出すほか、商業施設のテナント誘致案づくりなどにも加わる見通し。11月までに共同で提案書を作成し、コンペに参加する見通しという。
 国税庁がきのう公表した2007年分の路線価では、名古屋圏は上昇率33.9%で、全国3位だったが・・・。
 また、イオンのチャートを見ると、この1ヵ月ほどは2300円ラインから1800円ラインへと続落で来た。テクニカル的には「買い時」なのだが・・・。
 現在の株価でPERは20倍台、PBRは1倍台と、とくに割高感はない。信用残は買い長だが、買い残の株数自体はさほどでもない。心配要素はまったくないのだが・・・。
 押し目の買い時と見る。まずは急落前の2200〜2300円ラインまでの戻りが目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 株式投資ニュース