スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月02日

ブラザー工業が年初来安値を更新、スティールのファンド運営に影響が及ぶ

 ブラザー工業<6448>(東1)が、263円安の1437円と大幅に下落し東証1部値下がり率ランキング上位に入っている。前日第1四半期決算を発表、純利益が前年同期比45.9%減となったことを嫌気した売りが先行。7日続落となって3月5日につけた年初来安値1453円を更新しており、スティール・パートナーズなど投資ファンドの運営に影響を及ぼすことが懸念される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 株式投資ニュース