スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月02日

出光興産のきょうの株価は「往って来い」。下落相場、ガマンの時

 出光興産<5019>(東1)のきょうの株価は「往って来い」の展開となっている。
 朝の寄り付きは前日終値と同額の1万3770円で始まり、前場は一時、1万3950円まで買われた。前日の米ニューヨーク市場で原油先物が続伸し、最高値を更新したことや、同社が前日大引け後に、通期連結業績予想の一部上方修正を発表したことが、買い材料視されたためだ。
 が、その後、急落。後場に入り、前日終値比210円安の1万3560円まで下げている。
 同社だけでなく、同じ石油セクターでは、新日本石油<5001>(東1)コスモ石油<5007>(東1)東燃ゼネラル石油<5012>(東1)なども、きょうは「往って来い」。昭和シェル石油<5002>(東1)はモミ合い。だが、新日鉱ホールディングス<5016>(東1)AOCホールディングス<5017>(東1)のように下げっぱなしの銘柄よりはマシか。
 とはいえ、出光興産の日足チャートを見ると、この3ヵ月ほどは1万4000円ラインをはさんでモミ合っている。まだその範囲内ではある。しばらくはガマンの時が続くか。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 株式投資ニュース