スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月03日

イントランスは反発。不動産株人気に、テクニカル、割安材料がオン

 イントランス<3237>(東マ)は反発。9000円高の17万7000円まで買われている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、最近の不動産関連株人気で買われているもようだ。きょうは東証1部業種別株価指数でも、不動産セクターが値上がり率トップになる場面が出ている。
 イントランスはおもに、中古ビル再生・販売事業を行なっている。業績は右肩上がりで来ており、2008年3月期業績予想は前年実績比増収増益。業界観測では、2009年3月期もさらに増収増益と見られている。
 チャートを見ると、中期・短期とも続落してきているので、オシレーター的には「買い時」。現在の株価でPBRは5倍台と高めだが、PERは10倍台と割安。
 このまま続伸で、13週・26週移動平均線20万円ラインまでは戻すことを期待。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:03 | 株式投資ニュース