スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月13日

アスラポート・ダイニングは続落も、底堅い動き。中期では株価・業績とも上昇トレンド

アスラポート・ダイニングのホームページ アスラポート・ダイニング<3069>(大ヘ)は続落。300円安の4万3000円まで売られている。
 先週8日に発表した、第1四半期連結決算は、売上高20億2700万円(中間計画に対する進捗率52.7%)、経常利益2800万円(同87.7%)、純利益1300万円(同88.2%)の好業績となった。(四半期決算は今期からのため、前年同期比はなし)
 2008年3月通期連結業績予想は、売上高100億円(前年実績比48.2%増)、経常利益2億円(同40.8%増)、純利益1億1500万円(同224.5%増)の、前回予想を据え置いている。
 同社は『牛角』などの外食・居酒屋の持ち株会社。先週10日にひらいた第1四半期業績説明会では、グループの中期計画として、2010年3月期で、売上高167億円、7億円、純利益6億3000万円と明らかにした。
 また、2010年3月期で、グループ店舗数700店で、業界33位を目指す。
 チャートを見ると、4月につけた上場来安値3万9800円を底に、ジリジリと上昇トレンドをえがいている。今月に入ってから、地合いが悪化したにもかかわらず、下値4万3000円ラインは底堅く、しっかりした動き。
 現在の株価でPERは40倍台、PBRは8倍台と高めだが、今後の成長性期待の表れと見る。まずは次のフシ4万6000円ラインが目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:16 | 株式投資ニュース