スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月14日

日本社宅サービスは6月通期好決算も、利確売り先行。今期も好業績見込みで買い場か

 日本社宅サービス<8945>(東マ)は反落。1万3000円安の18万8000円。
 前日引け後に発表した、6月通期連結決算は、前年比増収増益だったが、利益確定売りが先行したもようだ。
 同決算の、売上高は同126.2%増の57億3000万円、経常利益は同70.5%増の3億2100万円、純利益は同60.0%増の1億3500万円と、大幅な増収増益となった。
 2008年6月期も、前年実績比2倍内外の増収増益を見込んでいる。
 また、当期、今期とも、年間(期末)配当金は、前期の500円から増配し、860円とした。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 株式投資ニュース