スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月16日

三井海洋開発は中間好決算も続落。地合いさらに悪化で利確売り先行

 三井海洋開発<6269>(東1)は続落。10円安の3940円で始まり、寄り後は2750円まで売られている。
 きのう大引け後に発表した、6月中間連結決算は、前年同期比増収増益。売上高は同43.4%増の729億4800万円、経常利益は同23.3%増の18億7900万円、純利益は同19.5%増の12億7600万円と、大幅な増収増益となった。
 12月通期連結業績予想も、前年比増収増益の見込み。
 今朝は日経平均株価が続落し、寄り後は361円88銭安の1万6113円73銭となるなど、地合いの悪い状況。そのため、同社をはじめとして、好決算を発表しても利益確定売りが先行して下落する銘柄が目立つ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | 株式投資ニュース