スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月16日

AOCホールディングスは反発。全面安のなか、石油株で反発銘柄アリ

 AOCホールディングス<5017>(東1)は反発。30円高の1682円で始まり、寄り後は1704円まで買われている。
 今朝は日経平均株価が寄り後、361円88銭安の1万6113円73銭となるなど、地合いがさらに悪化しており、全面安。そのなかで同社は逆行高となっている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、15日の米ニューヨーク市場で、原油先物相場が3日続伸したことが、買い材料視されているもようだ。ほかに石油関連では、石油資源開発<1662>(東1)が反発している。
 また、AOCホールディングスについては、先週、国内大手証券がレーティング「1H」(買い・高リスク)、目標株価2760円としたことが、引き続き手がかり材料となっているようだ。
 今後の市場の状況にもよるが、このまま続伸して、25日移動平均線1880円ラインまで、まずは戻していきたいところ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 株式投資ニュース