スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月16日

住友金属鉱山は「非鉄地金が下落基調」報道で続落。買い時

 住友金属鉱山<5713>(東1)は続落。今朝は110円安の2250円まで売られている。
 今朝の日経新聞等で「非鉄地金が下落基調」「国際価格 サブプライム響き資金流出」と報道された。今朝はもともと全面安であることに加え、東証1部業種別株価指数で、非鉄金属セクターは、ほぼ全銘柄、下げている。
 住友金属鉱山のチャートを見ると、この半年ほどの下値ラインは2200円。このあたりで下げ止まり、反発と行きたいところだ。25日移動平均線2800円ラインまで戻したい。下げ止まらない場合、次のフシは昨年の1500円ラインとなる。
 しかし、信用残は買い長。また、売り残がかなり減ってきており、市場は「そろそろ下げ止まる」と見る向きが多いようだ。
 現在の株価でPERは10倍台、PBRは2倍台と、ひところの人気時からすると、アク抜けしてきた。
 短期はともかく、非鉄金属は中長期では「買い」セクターだ。とくに同社は業績堅調、大口株主・財務も堅い、優良企業。いまが拾い時と見て良いだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース