スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月16日

アサツー ディ・ケイは好業績見通しと増配で反発。信用残はかなりの売り長

 アサツー ディ・ケイ<9747>(東1)は反発。前場は一時、120円高の3800円まで買われ、後場も3700円台後半で動いている。
 きのう大引け後に発表した、6月中間連結決算は、前年比微増収減益だったが、12月通期連結業績予想は、前年比増収増益の見通し。とくに経常・純利益はそれぞれ1割超、2割超の増益を見込んでいる。
 また、増配を発表した。6月中間配当金は10円を据え置いたが、12月期末は36円から1円増配の37円とした。
 信用残はかなりの売り長。このまま続伸となれば、買戻しが入って続伸加速は必至か。6月高値4000円台奪還が目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:08 | 株式投資ニュース