スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月20日

第一三共は小反発。テクニカルに地合い好転、買い材料が出揃う

 第一三共<4568>(東1)は小反発。10円高の3260円で始まり、寄り後は3290円まで買われている。
 今朝の日経産業新聞で「第一三共、糖尿病薬の治験加速・欧米第3相、国内は第2相に着手」と報道されたことが、手がかり材料となっているもようだ。
 第一三共のチャートを見ると、中期、短期とも続落トレンドで来ていた。今年の下値抵抗線3200円ラインタッチと、今朝の地合い好転もあり、反発のタイミングではあった。
 まずは5日・25日移動平均線3300円ラインまでの戻りがひとつの目安となろう。さらに、次のフシは3500円ラインだ。現在の株価でPERは約26倍、PBRは約2倍と、頃合いの数字。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:31 | 株式投資ニュース