株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月20日

ハドソンは反発。自律反発のタイミングに、見直し買い

 ハドソン<4822>(大ヘ)は反発。前場は156円高の1359円まで買われた。大証ヘラクレス市場値上がり率上位にランクインしている。
 とくに材料が出たわけではないようだが、この1ヵ月ほどは1900円ラインから1200円ラインまで続落しており、自律反発のタイミングに来ていた。
 同社はゲームソフト開発会社。コナミ<9766>(東1)の子会社で、任天堂<7974>(東1)DS向けなどの製品を開発している。業績は右肩上がり。大口株主は、コナミのほか、信託口や、メロンバンク系などの優良外資などが入っている。
 5日移動平均線ライン1350円までは戻したので、次は25日移動平均線1600円ラインまでの戻りが目標となろう。きょうのストップ高ラインは1403円。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 株式投資ニュース