スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月28日

菊池プレス工業はギャップアップ→続伸。業績上方修正、「最高益」報道が材料に

 菊池プレス工業<5970>(JQ)はギャップアップ。205円高の2300円で始まり、寄り後は2300円台で推移している。
 きのう大引け後に、業績予想の上方修正を発表した。連結では、9月中間の売上高を据え置いた以外は、中間・2008年3月通期末とも、売上高、営業・経常・純利益とも、上方修正となった。
 中間期は、米国・ブラジルにおける車体部品の生産増により、海外売上が増加する一方、国内・海外ともに原価低減効果が現れた。ほか、為替相場が想定よりも円安傾向で推移しているため。通期は、引き続き、海外の車体部品の生産増、国内の金型設備の販売増による売上の増加が見込まれている。
 今朝の日経新聞などで「今期経常42億円、一転最高益」「ホンダ向け販売寄与」と報じられたことも、買い材料となっているもようだ。
 マーケットメイク銘柄なので、ストップ高はない。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 株式投資ニュース