スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年08月31日

竹内製作所はギャップアップ。手がかり難のなか、優良銘柄の上方修正に買い集まる

 竹内製作所<6432>(JQ)はギャップアップ。440円高の6060円で始まり、寄り後は6100円台に乗せている。
 きのう大引け後に、業績予想の上方修正を発表した。連結・単独とも、8月中間・2008年2月通期とも、売上高、経常・純利益とも、上方修正となった。
 建設機械事業では、米国における住宅投資の大幅な減少を受け、ミニショベルなどの需要が予想より減少すると見ているが、欧州では需要が好調に推移すると予想した。加えて、為替レートが前回予想より円安に推移しているため。
 また、きょうは月末で手がかりに乏しく、同社のような手堅い優良企業で材料の出た銘柄に買いが集まっているもようだ。
 チャートを見ると、17日につけた直近安値4760円を底に、反発→続伸トレンドで来ている。現在の株価は、ちょうど25日移動平均線に引っかかっているところ。このまま続伸して、まずは次のフシ6500円ラインまで戻したい。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 株式投資ニュース