スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月04日

メイコーは優良株の買い時。パッケージ基板へ参入報道も手がかり材料

 メイコー<6787>(JQ)は小幅続伸。今朝の寄り後は90円高の3740円まで買われている。
 もともと続伸傾向で来ていたが、今朝の日経産業新聞で「メイコー、パッケージ基板に来春参入――宮城の子会社工場拡張」と報道されたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 プリント配線板の設計・製造で国内上位のメーカー。技術力があり、業績が好調に右肩上がりの優良銘柄のわりには、現在の株価で、PBRは約2倍だが、PERは13.26倍と割安。マーケットメイク銘柄の安心感もある。
 チャートを見ると、中期では続落トレンドで来ているので、オシレーターも「買い時」水準となっている。
 まずは13週・26週移動平均線の4000円ライン、続いて次のフシ4500円ラインへと、ジワジワと戻していきたいところだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04 | 株式投資ニュース