スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月05日

ニチイ学館は小幅反落。コムスン介護事業の一部引き受けで利確売り

 ニチイ学館<9792>(東1)は小幅反落。前日と同額の1892円で始まり、寄り後は1880円台となっている。
 グッドウィル・グループ<4723>(東1)の子会社で介護大手事業者コムスン(本社・東京)の、全都道府県での在宅介護事業の引き受け先が決定した。北海道、東京などはジャパンケアサービス<7566>(JQ)、宮城県、宮崎県などはセントケア<2374>(JQ)、群馬県は日本ケアサプライ<2393>(東マ)などだ。
 各社とも、今朝は株価を上げているが、ニチイ学館は長野・岐阜・愛知・京都・兵庫の5府県。かねてから報道などで織り込まれていたため、今朝は利益確定売りも出て、モミ合っているもようだ。
 現在の株価で、PBRは1倍台だが、PERは68倍台と、割高・過熱感が出ていることは否めない。しかし、中期では事業引き受けにより、業績拡大は必至。信用残は売り長でもある。
 目先、調整も入ろうが、中期では上昇トレンドとなるだろう。まずは今年高値2500円ライン奪回を目指す。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 株式投資ニュース