スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月05日

大和ハウスは「大型商業施設の開発加速」報道も市場は反応薄。信用買い残が重石か

 大和ハウス工業<1925>(東1)は小幅続落。1円高の1521円で始まったが、寄り後は1612円まで売られた。
 今朝の日経新聞で、「大和ハウス、大都市周辺の大型商業施設、開発加速」と報じられたが、市場は反応薄だ。
 報道によると、ショッピングセンターを核に、年4〜5件を建設。用地確保から施設運営まで一貫して手がけ、2008年度には、帆ゆする商業施設の資産規模を2006年度比約7倍の1000億円に引き上げるという。
 中長期チャートでは、高値圏の押し目に見える。今年に入ってからの日足チャートは、2月につけた年初来高値2260円をピークに、続落トレンド。8月20日に年初来安値1480円をつけた後は反発しているが、ここ数日は再び下落。ここらで下げ止まると見たいが・・・。
 現在の株価でPER15倍台、PBR1倍台と、業績好調な業界2位の大手ハウスメーカーにしては割安水準。中期では、再び上昇に転じると見たい。
 ただ、信用残はかなりの買い長。なので、上がるきざしが出ると売りが出て・・・という状況のようだ。目先はまだしばらく、底を探る展開か。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:49 | 株式投資ニュース