株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年09月06日

花王は「営業減益率縮小」の観測報道も、続落。中期ではジリ高へ

 花王<4452>(東1)は続落。前日終値と同額の3240円で始まったが、寄り後は3220円まで売られた。
 今朝の日経新聞で「花王の9月中間期の連結営業利益は、前年同期比9%減の530億円となる見通し」「従来予想は16%減の490億円。・・・減益率が縮小する」との観測記事が出たが、市場は反応薄だ。
 今朝は日経平均株価が続落し、1万6000円ラインを割る展開となっている。地合いの軟調で、同社の好材料も、買いにつながらないようだ。
 花王の今年に入ってからのチャートを見ると、2月につけた年初来高値3660円をピークに、続落トレンドで来ている。が、下値3100円ラインは堅いようだ。8月17日につけた年初来安値3100円を底に、反発している。地合いにもよるが、このままジリ高と行きたいところ。
 地合いが悪い時は、同社のような堅いディフェンシブ株が買われがちだ。また、信用残は売り長なので、上昇トレンドが続けば、買い戻しも入ってさらに上昇加速・・・と期待する。まずは次のフシ3400円ラインを目標とする。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース